自閉症と診断される子供(小学生)の特徴

Sponsored Links

自分の子供の様子で気になることがある場合、自閉症かどうか知りたい場合があります。自閉症と診断される子供は、集団生活が苦手だったり、人とのコミュニケーションをとりにくかったすることが多いため、小学校に入学してわかることも多くなっています。

 

 

自閉症の子供(小学生)の特徴

おとなしくて、手がかからない良い子だけれども、気になる様子があるという場合、自閉症かどうか気になる場合があります。病院や発達センターに行ったほうが良いのかどうか悩んでいるというときには、同年代の子供たちの中での行動を観察してみることが役に立つ場合があります。自閉症と診断される小学生の特徴は、友達が集団になって遊んでいるのに、孤立していることが多く、一人を好んだり、自分から積極的にコミュニケーションをとりたがらない場合、ボディランゲージが苦手で、会話も成り立ちにくいなどの特徴があります。また、ひとつのことに強いこだわりを持ったり、何度も同じ質問をする、冗談や皮肉がわからず、話が伝わっていなくても気にしている様子がないなども特徴です。また、小学生同士で遊んでいるときにみんなが笑っているのに、一人だけ笑っていないことが多い場合や同じ行動を何度も繰り返すなども、自閉症と診断される子供の特徴です。周囲の子供とは違い、コミュニケーションが成立せず、かかわりが持てなくても気にすることがない場合や一人だけで同じ遊びや行動を繰り返している場合などは、自閉症である可能性があるので、専門機関へ相談することをおすすめします。

 

 

自閉症の小学生でよくある小学校の悩み

周囲になじみにくく、一人でいることが多い自閉症の小学生でよくある小学校の悩みは、友達ができないことや先生によく注意されることです。周りの雰囲気を察知することができず、周囲の人と同じ行動をとることが苦手なので、空気が読めず、一人だけ違うことをしたり、授業の流れに関係なく自分の興味があることをし始める、関係のない話や質問をし始めることなどが多く、先生に怒られてしまうことが多いのです。人とは違うことを言い出し、会話がかみ合わなくても気にしている様子がないのに、急に怒り出したりすることや先生に怒られているのをほかの子供が見ていることなどから、仲間外れにされたり、悪口を言われて悔しい思いをすることなどが、小学校でよくある悩みです。また、友達も仲良くなろうとしても、誘いを断られたり、無視されたり、場に合わない発言をされたりするので嫌な思いをすることがあります。自閉症の小学生は、的確な診断を受けて、専門家の助言やサポートを受けることで、コミュニケーションの力を養ったり、周囲に理解してもらったりすることができるので、気になる様子がある場合には、早めに専門家に相談して必要なサポートを受けることをおすすめします。

 

 

自閉症と診断される子供の多くが、以前から気になる様子がある場合が多く、学校生活をスタートしてもうまくいかないことが多くなってきます。また、兆候があっても気づかずに大人になり、仕事や友人関係などで苦労することがあるので、気になる様子があるときには、専門家に相談しましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です