手足口病の子供は保育園にはいつから行っていい?

Sponsored Links

手足口病は、ここ数年ではやり始めて病気になります。大人でも感染しますが、子供に感染することが多いです。幼稚園や保育園などに通園させているときには、どれくらいの期間まで休む必要があるのか、あるいは園によって決まりがあるのかを確認しておくことが大事なります。

 

 

出席停止扱いにはならない

手足口病は、子供によくかかる感染症の病気の一つですが、非常にほかの児童にうつりやすいことが特徴になります。一度発症してしまった場合には完治するまで1週間から十日ほどの時間がかかると思って間違いないでしょう。ただし、これは直接咳などで移す場合や、手を握って移す場合に限られます。
例えば排泄物には1か月程度菌が滞在することがあるため、完治をしたので大丈夫だろうと思っても、排せつ物などから間接的に感染する恐れがあるため要注意でしょう。
手足口病について覚えておきたいのは、インフルエンザのように出席停止の病気にはならないことです。インフルエンザの場合であれば必ず休まなければなりませんが、手足口病になった場合は休まなくても問題ないことになります。
あとは保護者が決めるべきことです。基本的に全く痛みがないわけではなく、痛みも生じますので、保育園に登園させてもまともに 1日過ごすことができないかもしれません。そのため、特に出席停止扱いはならないにしても、親の方の配慮で休ませることも重要です。また、万が一ほかの子供にうつってしまっては申しわけがありません。そのようなことを考えると、発症している間は自主的に休むのも一つの方法です。

 

 

園ごとのルールを確認

出席停止処分にはならないとしても、園ごとのルールがあります。もし休む場合でも、いつから休みにするべきか、そしていつから登園することができるかを保育園に確認を入れておきましょう。
保育園によっては、過去に一人の子供が手足口病に感染して、同じクラスの多くの子供が手足口病にかかってしまい問題になった場合であれば、積極的に出席停止処分にすることもあります。ですが、そこまで問題がなく、保護者の方で自主的に保育園を休ませているような場合であれば、そこまで厳しい決まりにしていることはありません。
登園許可が出ても、そうでなくても親としては、子供が手足口病にかかっているかどうかを確認しておく必要があります。熱がある場合には手足口病を疑ってみてもよいかもしれません。普通の風邪と似ているようですが、口内炎などが口の中にいっぱいできていることがあります。口内炎は直接口の中を見なくても、子供が食事をするときにいたいと言い出すことがあるのでそこから病気を察することができます。その時は軟らかい食べ物をあげるようにしましょう。
万が一病院に行き手足口病と判断されたならば、通園禁止の園以外でも、マナーとしては発疹がなくなるまで自宅待機する必要があるでしょう。

 

 

 

 

手足口病にかかったときには、出席停止扱いにはなりません。ですが、保育園の方で出席停止扱いにしているところもありますのでチェックをしておきましょう。出席停止にしていない保育園でも、発疹がひどい場合には自主的に出席停止をした方が良いこともあります。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です