筋トレと有酸素運動で効率的なダイエットを

Sponsored Links

効果的かつ効率的なダイエットをしたいなら無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて行うのがおすすめです。無酸素運動としては筋トレ、有酸素運動としてはウォーキングを行うのがよいでしょう。無酸素運動には基礎代謝量をアップさせる効果が期待でき、有酸素運動には脂肪を燃焼させる効果が期待できます。この2つの運動を同時に行うことで消費カロリーを大幅にアップさせることができ、効率的に健康的に痩せることができますので積極的にトライしてみましょう。

 

 

ダイエットをするなら運動も取り入れたい

食べたいものを食べることができないストレスによるドカ食いでリバウンドしてしまう、思うような結果が出ずに途中であきらめてしまう、摂取カロリーを減らしたことで栄養が偏り肌トラブルを起こしてしまうなどのダイエットにまつわる悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか。ダイエットというと摂取カロリーを減らすために食べないという方法がポピュラーですが、それは不健康で効率が悪いです。健康的に効率的に効果的にダイエットをするなら運動を取り入れるのがおすすめです。運動にも様々なものがありますが、ダイエットに適している運動は無酸素運動と有酸素運動の組み合わせです。無酸素運動として有名なのが筋トレで、有酸素運動として有名なのがウォーキングです。基礎代謝量をアップさせる効果が期待できる無酸素運動の筋トレと、脂肪燃焼効果が期待できる有酸素運動のウォーキングを同時に行えば体脂肪率や体重を効率よくスピーディーに落とすことができます。

 

 

有酸素運動と筋トレの順番はどっちが先?

有酸素運動と筋トレの順番もとても重要になります。順番はどっちが先のほうが良いかというと、筋トレです。筋トレを行ってから有酸素運動を行うのがベストです。その理由は、筋トレを行うことで基礎代謝量がアップすれば自ずと消費カロリーもアップするので有酸素運動の効果が高くなる、筋トレで血糖値を下げておくことで有酸素運動により脂肪が燃焼しやすくなる、筋トレをすると成長ホルモンが分泌されて脂肪細胞が分解されやすくなるなどがあります。無酸素運動である筋トレは血糖値を下げることはできますが脂肪を燃焼させる効果は期待できません。しかし、脂肪を燃焼させやすい体をつくることができますので、先に行うことで有酸素運動の脂肪燃焼効果を高めることができます。有酸素運動で脂肪が燃焼し始めるのは開始20分後くらいからです。ですので、ウォーキングをする場合は少なくとも30分以上は歩き続ける必要があります。筋トレを先に行っておくことで脂肪を早く燃焼させる効果も期待できます。

 

 

 

 

ダイエットを成功させるためには運動が効果的であるということが理解できたのではないでしょうか。食べないダイエットは代謝も低下してリバウンドしやすくなりますし、栄養不足で健康や美容に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。健康的で効率的なダイエットを目指すなら筋トレで基礎代謝量をアップさせてウォーキングで脂肪を燃焼させて消費カロリーを増やしましょう。運動により筋肉量が増えれば何もしなくても消費カロリーは自ずと増えますので痩せやすく太りにくい体質に導くこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です