網膜剥離って一体何?こんな痛みは要注意!診断基準チェック

Sponsored Links

網膜剥離は目の内側にある網膜という薄い膜が剥がれることで視力が低下してしまう病気です。網膜は目の中に入ってきた光を刺激として受け取って脳の視神経に伝達する組織で約0.1ミリから0.4ミリほどの厚さで、カメラに例えるとフィルムの働きを担っています。網膜は剥がれても痛みを伴わないことから発症に気付きにくい面がありますが、その予兆として飛蚊症が起こることもあります。網膜の中心部である黄斑という部分まで剥がれてしまうと急激に視力が低下して、失明してしまうこともあります。

 

視力が低下する網膜剥離

網膜剥離が起こる原因には加齢によるものや糖尿病網膜症などの病気のほか、事故などによる頭部や眼球への物理的ショックなどが挙げられます。網膜裂孔と呼ばれる網膜に裂け目ができることが網膜剥離の大きなきっかけになると言われています。網膜には網膜色素上皮細胞と神経網膜がありますが、それらの接着が弱いため物理的ショックなどが原因で神経網膜が網膜色素上皮細胞から剥がれ硝子体の中に浮き上がりやすくなると言われます。カメラのフィルムのような役割を果たしている網膜は外部から入った光を感知し、それを電気信号に変えて脳の視神経に送ることで物が見えるという状態になります。それだけに網膜剝離によって光の信号変換がうまく行かなくなった場合、物を見るという機能が衰えることになります。網膜は外部で接している眼球後半部を包む脈絡膜から酸素と栄養を得ていることから網膜剥離を起こすことで網膜の視細胞は死んでしまうことになり、それによって視力が低下して行きます。痛みを伴わないことから気付きにくい病気ですが、視細胞が死んで視力が低下してしまうと網膜剥離を治しても視力は回復しないことから、早期発見早期治療が重要視されています。

 

 

網膜剥離の診断基準。手術の必要性は?

網膜剥離の診断基準は眼底検査や視野検査を行って眼科医が判断して行きます。特に重要なのが眼底検査で、網膜剥離を診断するために不可欠の検査です。点服薬で瞳孔を開いて眼底を調べ、硝子体出血などで眼底が見えない場合は超音波検査も行われます。視野検査とは見えない部分の位置を調べる検査で、日ごろ両眼で見ていることから気付きにくい視野の欠損を調べます。網膜剥離の治療には手術が必要で、症状や剥離の進行状態によってどういった手術を行うか、検査結果等から診断されます。外来で行うレーザー光凝固治療や冷凍凝固治療のほか、入院して行う手術治療があります。網膜裂孔や円孔のみの場合はレーザーもしくは冷凍凝固のみで治療することができます。それらの治療を行っても網膜剥離が進行してしまったり、硝子体などほかの部位にも及ぶ治療が必要な場合は1週間ほどの入院が必要な手術が行われることもあります。手術時間は1時間から2時間ほどと言われますが、症例によっては眼内にガスを入れることがあり、この場合は術後にうつ伏せや横向きなど体位制限が必要になるケースもあります。

 

 

 

 

痛みが無いまま症状が進行してしまう網膜剥離は、発見が遅れたり放置し続けることで失明にまで至りかねない深刻な病気です。早期発見して治療を開始することで通常の裂孔原性網膜剥離の場合、90パーセント以上が手術によって網膜を再接着することができると言われています。剥離の範囲が小さく剥離してから放置している期間が短いほど、手術による治療によって良い視力が得られると言われます。飛蚊症など気になる症状が出た場合は眼科での検査を受けておく方が安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です