緑内障の進行を遅らせる薬物療法と副作用

Sponsored Links

緑内障は目で見える範囲にあたる視野がしだいに狭くなったり、見えない部分ができる病気で、眼球の内圧が高いためにその後方にある視神経が圧迫されることが原因となっています。年齢を重ねるとともに緑内障になりやすいリスクが高まり、特に40歳以上の人は注意が必要です。最初の段階では本人が自覚していないことも多いものですが、究極まで病気が進行してしまうと失明してしまうこともありますので、早めに異変を見つけて治療することが重要です。

 

緑内障の治療は薬物療法からスタート

緑内障の疑いがある場合、医師は本人の問診とともに、眼底検査や視野検査などのさまざまな検査の結果にもとづいて診断を下します。ただし医師としても最初から即断をせずに、しばらくは検査のみで経過を慎重に観察することもあります。実際に緑内障と確定した場合、まずは薬物治療が試みられます。薬物療法では原因となっている眼圧を下げるための目薬を処方され、継続的に点眼することになるのが普通です。そのほかにも瞳孔を収縮させる目薬など、段階的にいくつかの種類が処方されることがあるほか、場合により内服薬が処方されることもあります。こうした薬物療法でもなかなか効果が得られない場合には、虹彩と呼ばれる部分に小さな穴を開けるレーザー治療が行われることがあります。ほかにも眼球内に栄養を届けるはたらきをしている液体の排出を促すなどの目的で手術療法が採用されることもありますが、いずれにしても薬物療法を試した上での処置となります。

 

 

処方される目薬の種類と考えられる副作用

緑内障における薬物療法で処方される目薬は、かならずしも症状をいままで以上に改善する効果を持つものではなく、基本的な役割としては症状をこれ以上進行させないことがメインとなっています。したがって目薬の処方をいったん受けた場合には、継続的に決められた回数だけ点眼をする必要がありますが、その際に何らかの副作用が生じることもあります。もしも副作用の兆候があった場合には、遠慮せずに主治医にそのことを相談して、使用の中止を含めた適切な処置をしてもらうことが大切です。処方されるもののなかには、交感神経を抑制するはたらきをもち、喘息の発作がひどくなったり、脈拍が極端に遅くなるなどの副作用が生じるおそれがある製品が含まれています。また瞳孔を収縮させるタイプの場合には、視野が暗くなったり、結膜の充血やまぶたの炎症などの過敏症を引き起こすこともあります。まれに目やその周辺などの局所的なものではなく、全身症状が生じることがあるため、持病がある場合は特に注意が必要です。

 

 

 

 

緑内障は高齢になると発症しやすい病気で、視野が狭くなったり物が見えなくなるなどの症状があらわれます。これは眼圧が高くなって視神経が圧迫されるのが原因で、最初は目薬の処方などによる薬物療法からはじまり、効果を踏まえてレーザー療法や手術などの手段も検討されます。薬物療法は視野障害の進行を遅らせるなどのはたらきがあり、継続してじっくりと病気に向き合うことが重要になります。副作用がある場合は医師に相談し、その都度適切な処置をしてもらうことも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です