緑内障の目薬使用で副作用が出たらすぐ病院へ

Sponsored Links

緑内障のために病院に通院する場合、まずは経過を見ながらの薬物療法での対応となるのが一般的です。この場合にはいくつかの種類の目薬が処方されることが多いようですが、頻度は高いとはいえないものの、何らかの副作用が発生する可能性もないわけではありません。そのような場合は早めに医師に相談して、しかるべき対応をしてもらうことが重要です。目薬の点眼による治療は根気強く長期間にわたって続ける必要があるだけに、体の異変は見逃さないことです。

 

 

たくさん点眼しても副作用が増えるだけ!

緑内障は眼球の内部を満たしている体液の流れが阻害されるなどの原因で眼圧が上がり、視神経が圧迫されることが主な原因となって発症する病気です。そのために目薬を定期的に点眼して眼圧を下げる治療はスタンダードなものといえます。目薬にはこの体液の産生を抑制したり、逆に排出を促すなどの効果をもつ成分が含まれています。これらの目薬は適量が決まっていますので、医師の指導のもとで、適切な用法と用量を守るようにすることがたいせつです。目薬をたくさん点眼すれば治りが早いのではないかと邪推して、必要以上の分量や回数にわたって点眼してしまうケースがありますが、これは好ましいこととはいえません。医薬品の有効成分は限度を超えると副作用をもたらすリスクが高まるほか、何よりも目薬の場合は体内に吸収されない分は涙とともに外にあふれ出たり、鼻管を通ってまったく関係のない口の中やのどの奥まで排出されてしまうため、あまり意味のある行為ではありません。

 

 

点眼しても痛みが引かない場合は医師に相談

緑内障を治療するための目薬を点眼した場合に起こり得る副作用にはさまざまなものがあります。当初の成分そのものが体に合わない場合もありますが、特に気をつけたいのは他の医薬品と併用した場合に起こる副作用で、急激に発症することがあります。たとえば市販の総合感冒薬やアレルギー薬などを併用した場合に、目の痛みや充血、かすみ目、頭痛などの症状があらわれることがあります。こうした目の痛みなどが引かない場合には、ただちに医師のもとを訪れて相談をし、適切な対処をしてもらうことが必要です。単に副作用を避けて使用を中止することのほかに、副作用の症状をやわらげるための別の医薬品の処方を受ける場合もあります。緑内障の目薬は長期にわたる投与が必要なため、なかには初期症状は軽微でも、しだいに視野が狭くなるなど慢性的に進行するケースもありますので、普段とは違うことがらがあれば、どのようなことであっても医師には伝えて指導を受けることが望まれます。

 

 

 

緑内障を治療する上では目薬を使った薬物療法が一般に行われています。特に感冒薬などを併用した場合に顕著ですが、点眼の際に目の痛みや充血をはじめとする副作用の症状が起きた場合には、ただちに医師に相談して、その指示を受けることが重要です。緑内障の治療は長期にわたって続くことから、副作用の症状も急性ではなく慢性的に進行することがあります。そのため小さな異変であっても見逃さず、やはり医師に相談する姿勢が大切です。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です