知っておこう!緑内障の目薬使用時にに考えられる副作用

Sponsored Links

緑内障は眼内の水圧が上昇してしまい視神経が圧迫され、視神経が徐々に失われてしまう病気です。あまり自覚症状がないので知らないうちに緑内障にかかっている人がとても多いです。次第に視野が狭くなっていき視力も落ちてきますが、放置しておくと失明する危険性もあるのでできるだけ早めに眼科で治療を受けることが大事です。しかし一度視神経が失われてしまうと、どんなに頑張って治療を受けても視神経は二度と戻ることはないので、まだよく見えているうちに治療をおこなうことが大事です。

 

まぶたが黒ずむ?目への副作用

緑内障になってしまったら眼圧を下げて、これ以上視神経を障害されないように気をつけることが大事です。視野障害の進行を防ぐには目薬を定期的に点眼する治療方法が有効です。最初は1種類の目薬を点眼しますが、あまり効果がでない場合は目薬を変更したり、作用の違う目薬を追加することもあります。それでも眼圧が下がらない場合は、レーザー治療をおこなうこともあります。
目薬の種類には房水の生産量を抑えるものと、房水の排出をうながすものがあります。目薬の効き目には個人差があるので、効果がある人もいれば効果がまったくでないという人もいます。気をつけなければいけないのは目薬を使用して副作用が出る場合です。
点眼するとまぶたの黒ずみが気になったりまつげが濃くなるといった副作用がでることもありますが、患者さんが点眼後にしっかり洗顔したりタオルでしっかり拭き取ることで、まぶたの黒ずみやまつげが濃くなる副作用を防ぐことができます。

 

全身への副作用は重篤なものは少ない

緑内障の治療で目薬を点眼して治療をするとまれに副作用が出ることがあります。わずか1滴の点眼でも全身に副作用がでる人もいるので注意が必要です。めまいや眠気など全身に副作用がでることもありますが、全身に副作用がでてもそれほど重要なものは少ないので心配いりません。
それでも目薬を点眼していて、何か身体に異変を感じた場合は医師や薬剤師に相談してみるといいでしょう。あまり副作用がひどいようならば薬を変えてくれることもあります。
緑内障になると目が痛いからといって、目薬を点眼すれば痛みがとれるわけではありません。多めに点眼すれば効果がでやすいとつい多めに点眼する人もいますが、どんなに多く点眼しても目の中には1滴分しか吸収されません。
多く点眼をすると周囲に流れ出て全身に回り副作用をおこしやすくなります。副作用にならないためにも目薬は1滴だけ点眼するといいでしょう。どうしても自分ではうまく点眼できない人は周りの人に手伝ってもらってください。

 

 

 

緑内障になると一生目薬を点眼し続ける必要があります。中には何種類も点眼する人もいますが、医師や薬剤師の指示を守り正しく点眼することが大事です。まれに点眼した時に副作用をおこす人もいますが、どんなことでも身体に異常を感じたら医師や薬剤師に相談するといいでしょう。
副作用を我慢して点眼し続けているとストレスを感じてしまい身体にはよくありません。多くの種類を点眼する人はしっかりメモを取り、点眼をし忘れないようにすることも大事です。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です